防火水槽の漏水防止


 防火水槽は施工技術の進歩により、ほぼ完全な防水性に仕上がっております。しかし、設置しても永年経過したものの中には、地盤沈下など様々な要因によって防水性を保ってないものもあり、水位の低下など防災上の問題がありました。      

 この対策としては、クラック(ひび割れ)へのコンクリートや充填材による補修方法がありました。しかし設置場所が軟弱地盤であったりすると完璧な対策はない状況でした。

 そこで当社では、『十日町地域広域事務組合・十日町地域消防本部様』とともに、この漏水防止という課題に取り組み、その結果、『遮水シートによる浮かし張り工法』を採用、

 現在この工法で漏水する水槽を全面改築することなく、安価で、また短期間に防水水槽の機能を回復する技術を開発し数多くの改善実績をあげ、防災対策に寄与しています。 
        ※遮水シートの浮かし張り工法とは・・・

 遮水シートを、コンクリート構造物の本体に全面接着することなく、
シートの上部のみ、躯体コンクリートにアンカーボルト等で接合します。
再び躯体の変形・伸縮でクラックの拡大が起きても、シートの余裕と
弾力で漏水を防止することができます。
PVC遮水シート浮かし張り工法       施工概略図
施工例へ