寺社を維持管理をする人たちの高齢化や人手不足に伴い、従来の丸太・板・ヨシズを使う
雪囲いは、材料の手配や設置の手間、使用後の格納場所などあらゆる面で大変な苦労です。

『雪がコネット』なら鋼管やアルミパイプを、システム化された接合金具を使って組み立てる構造のため、
どなたにでもスッキリとした施工が簡単に素早くできます。

山門・回廊・鐘楼・庫裏など伝統建築のどんな場所でも美観を損ねることなく豪雪から守ることができ
撤去後の格納場所も、従来の木製の数分の一のスペースでOKです。
伝統建築物を豪雪・風雪から保護することは大変な苦労でした